初心者でも分かる基本ルール!これからゴルフを始めよう!

ゴルフの服装

ゴルフは、紳士のスポーツであるため、マナーが厳しいスポーツでもあります。そのため、プレイする服装もある程度決まっております。服装は、ゴルフ場によって異なるそうですが、どこでもプレイできるような服装をあげておきます。

男性

トップス:襟のあるシャツ、ポロシャツなど

パンツ:ゴルフパンツ、チノパンなどの長ズボン

靴:ゴルフシューズ

女性

トップス:襟のあるシャツ、ポロシャツ

パンツ:ゴルフパンツ、スカートなど

靴:ゴルフシューズ

※過度な露出は控えましょう。

基本的には、男性も女性も襟付きのトップス+パンツになります。最近では、服装にも気を使う人が増えており、おしゃれなウェアも増えております。

何を着ればいいのか分からない人は、ネットでゴルフウェアと検索すると沢山出てくるので、その中から購入するのもよいでしょう。

ゴルフのルールについて

ゴルフはゴルフクラブと呼ばれる道具を使い、ボールを打ってプレイをします。その中で、いかに少ない打数でカップにボールを入れられるかを競います。

プレイ中には、様々ペナルティが存在します。ペナルティをした場合、自分の打数がプラスされてしまいます。そのため、ペナルティを少なくする必要があります。

OB(アウトオブバウンズ)

定められた場所以外に打ってしまった場合に起こるペナルティです。主に、山や林などボールを打つことができない場所はOBとなります。

OBをしてしまった場合、自分の打数が1打プラスとなります。

ペナルティーエリア(ウォーターハザード)…1打罰

ボールがペナルティーエリアに入ってしまった場合に起こるペナルティです。ペナルティーエリアは、赤と黄色の杭で区切られた場所を指します。

ペナルティーエリアに入ってしまい、プレイができない、または、プレイできるが無理に打ちたくない場合は、1打プラスで打ち直せます。

ただ、ペナルティーエリアから打てると判断した場合は、そのままプレイを進めることができます。

グリーン上でマークをしないでボールを拾う

ボールがグリーンに乗った場合に、マーク(ボールをどかして目印を置く)をしなかった場合に、起こるペナルティです。

グリーンに乗ると、多くの人がカップを狙い、ボールを打ちます。そのため、他の人の邪魔にならないようにマークをする必要があります。マークを忘れた場合は、1打プラスとなります。

また、マークをする際は、自分のボールの後ろにマークをしなければなりません。

バンカーの砂にクラブが触れる

バンカー(砂のエリア)に入ったボールを打つ際に、クラブをつけると起こるペナルティです。バンカーのみに適用されるので、ついつい忘れてしまいがちです。このペナルティをしてしまうと、2打プラスされます。ペナルティの中でも重いペナルティとなるので、気をつけましょう。

また、バンカー内にある葉っぱや石などは取り除くことは可能です。

こちらは、ルールではないですが、バンカー内でボールを打った後は、砂を元のように戻しておくのがマナーとなります。

空振り

空振りは、ペナルティとはなりませんが、空振りをした場合、1打としてカウントされます。そのため、空振りをして、その後打った場合、1打(空振り)+1打(その後打った分)で合計2打となります。

初心者の方で、空振りをした場合、見逃してもらえることも多いですが、ルールとしては、1打プラスとなることをしっかりと覚えておきましょう!

ゴルフのルールが大幅に変更

2019年1月1日から、ゴルフのルールが大幅に変更されました。ゴルフを多くの人に楽しんでもらえるように、ルールを簡単にしたそうです。また、プレイスピードも早めるように変更されています。

初心者の方に向けてルールが簡単になったので、これからゴルフをやる方には嬉しいですね!中級者、上級者の方は、しっかりとルールを確認しておく必要があります。

規則は全265ページにもわたるので、全てを把握するのは中々難しいですが、プレイしながらルールを確認しましょう。

まとめ

ルールをある程度把握したら、実際にラウンドでプレイしてみましょう。ルールを確認しただけじゃ分からないことも沢山あると思います。そのため、経験者の方と一緒に行くことをおすすめします。

ゴルフは、自然を楽しみながら行うスポーツです。まずは、楽しむことを忘れずにプレイしてくださいね!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *