テニス初心者でもこれから上達するのは全然遅くない!

まずはルールを覚えよう!

テニスをする上で大事なのが、まずはルールを覚えることです。

テニスに限らず他のスポーツでも言えることですが、どのスポーツでもまずはルールを覚えないと意味がありません。

ルールと言っても複雑なルールではなく、誰でもすぐに覚えることのできる簡単なルールだけ覚えていれば大丈夫です。

・決められたコート内にボールを打ち返す

・ネットに当たったらポイントを失う

・コート内ではワンバウンド以内に相手のコートに打ち返さないといけない

テニスの基礎的なルールはこのくらいではないでしょうか。

まだまだルールはたくさんありますが、まずはこのルールを覚えておくだけで、すぐにテニスを始めることができますので、覚えておくと良いでしょう。

簡単なルールを覚えたらまずは試合をしよう!

テニスの初心者にとっての試合は、ルールを遊び感覚で覚えることができ、実践をしているので上達スピードが非常に速くなります。

初めての試合で実際のコートは広すぎて打ち返せないという方などは、コートを小さくして試合をするのもオススメです。

飛んできたボールをラケットに当てて打ち返すというのを繰り返すだけで、意外と上達は早くなるのです。

テニスの打ち方から練習するという方法もありますが、打ち方から練習しても実際に試合で使えるショットにはなりません。

また、球出しのように打ちやすいボールを打ち返すという練習よりも、実際の人が打ち返すボールの方が変則的ですので、動きを予測したりする能力も見に着きます。

テニス上達の一番の近道は実際に試合をすることではないでしょうか。

テニス初心者のオススメ練習メニュー

テニス初心者の方はどのような練習をしたら良いのか分からないという方も多いと思います。

そんな方に向けてオススメの練習メニューをご紹介いたします。

・まずは準備運動から!

テニスだけに限りませんが、スポーツをする上で一番大事なのは準備運動やストレッチです。

準備運動は体を温めて運動しやすい状態にするだけでなく、怪我の予防にも繋がるため、必ず練習前に十分な準備運動やストレッチを行ってください。

・素振りをしよう!

素振りはラケットの重さを体に覚えさせて、正しいフォームでラケットをスイングする感覚を養うために非常に重要な練習方法です。

更に、手首や肘など、準備運動でほぐしきれなかった場合のストレッチに当てることもできるのです。

本格的な練習をする前に素振りをするという癖をつけることによって上達スピードがあがります!

この練習は素朴な練習方法ですが、非常に大事な練習ですので忘れないように癖つけましょう!

・サーブを練習しよう!

テニスはサーブから始まるスポーツなので、サーブが相手コートに入らないことには試合になりません。

初心者の方は特にサーブが相手コートに入らないということが多いので、自分なりのフォームを確立させておく必要があります。

逆を言えばサーブを極めれば初心者の方でも試合に勝つということができます!

・壁打ちでスマッシュを連打!

スマッシュの練習は壁をうまく使いましょう。

壁に向かってスマッシュを打ち、跳ね返ってきたボールにまたスマッシュを打つというのを何度も繰り返すことによって、スマッシュの感覚が身に付きます。

壁があれば1人でも練習することができますので、オススメの練習方法です。

・コーティシーストローク

コーティシーストロークとは、自分でボールを落として打つだけの練習となります。

地味な練習ですが、打ちやすいボールを何度も何度も打つことで、自分のペースでフォームを崩すことなく打つ練習ができます。

また、ボールを打つときは、何か目標物を決め、それに向かって打つという練習をすると、より精度の高いショットを打つ練習にもなりますので、こちらもオススメの練習方法となります。

まとめ

テニス初心者の方でも簡単に始めることのできる練習方法をご紹介いたしました。

テニスは老若男女問わず楽しめるスポーツで、サークルなどがあれば、コミュニケーションを図る場にもなります。

初心者の方は、まず簡単なルールを覚えて試合をする!ということをオススメします。

そこで分からなかったことや、改善点を見つけて練習に落とし込むことによって上達スピードを上げることができます。

どのスポーツでもそうですが、怪我をしないようにまずは準備運動をしっかりと行い、テニスを楽しんでみてはいかがでしょうか!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *