チャレンジカップの歴史と歴代馬を知ろう!競馬予想

チャレンジカップレースの概要 第1回と第2回は距離2400mで施行されましたが、第3回から2000mに変更されました。2012年の第63回から2016年の第67回まで芝1800mのハンデキャップ戦で開催されていましたが、2017年から距離を再び芝2000mに、負担重量を別定戦に戻されました。1953年に【朝日チャレンジカップ】にレース名が変更され、長くこのレース名で親しまれて来ましたが2014年にレース創設時の【チャレンジカップ】に改称されました。 チャレンジカップの歴史 1950年現3歳以上の馬による重賞レースとして第1回が、阪神競馬場の芝2400mで開催される。1953年レース名を【朝日チャレンジカップ】に改称される。1966年京都競馬場の芝2000mで開催される。1978年外国産馬が出走可能になる。(1983年まで)1979年中京競馬場の芝2000mで開催される。1984年グレード制導入によりGⅢに格付けされる。1990年~1991年中京競馬場の芝2000mで開催される。1993年外国産馬が出走可能になる。(2004年まで)1994年中京競馬場の芝2000mで開催される。1995年京都競馬場の芝2000mで開催される。1997年地方競馬所属馬が2頭まで出走可能になる。2005年外国調教馬が4頭まで出走可能になる。2006年中京競馬場の芝2000mで開催される。2007年外国調教馬が8頭まで出走可能になる。2012年外国調教馬が9頭まで出走可能になる。2014年レース名を創設時の【チャレンジカップ】に改称される。 負担重量ー別定 3歳55kg(11月に開催される場合は54kg)4歳以上56kg、牝馬2kg減2016年12月3日以降のGIレース(牝馬限定レースを除く)優勝馬2kg増牝馬限定GIレースまたはGIIレース(牝馬限定レースを除く)優勝馬1kg増 2016年12月2日以前のGIレース(牝馬限定レースを除く)優勝馬1kg増 チャレンジカップの賞金 1着 4100万円2着 1600万円3着 1000万4着 620万円5着 410万円 チャレンジカップの歴代優勝馬 回数 施行日 場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 調教師 第1回

Read more

神戸新聞杯|出走予定馬と過去の成績!競馬で大当たりをゲット

菊花賞のトライアル競走として、第68回神戸新聞杯は2020年9月27日(日曜日)に開催されます。 いつもは阪神競馬場で行われますが、今年は京都競馬場の改修工事のため中京競馬場の芝2200m(右回り)で開催されます。 神戸新聞杯の1着賞金は、5400万円、出走資格は3歳牡馬・牝馬です。 神戸新聞杯出走予定馬 出走予定馬 騎乗予定騎手 アイアンローズ 池添謙一 グランデマーレ 藤岡佑介 ヴェルトライゼンデ 未定 ターキッシュパレス 富田暁 コントレイル 福永祐一 シンボ 古川吉洋 ダンシングリッチー 未定

Read more

富士ステークス|2020年第23回の出走予定馬と過去の成績

2014年から富士ステークスで優勝した馬は、マイルチャンピオンシップの優先出走権があたえられています。 富士ステークスでの競走の1着賞金は5900万円、2着2400万円、3着1500万円、4着890万円、5着590万円となっています。 富士ステークスの出走予定馬 ラウダシオンのプロフィール 生年月日 2017年2月 2日 調教師 斉藤崇史(栗東) 馬齢等 牡3歳(鹿毛) 生産牧場 社台コーポレーション白老ファーム 父 リアルインパクト 産地 白老町 母 アンティフォナ 名前の意味 グレゴリオ聖歌の続章の一つ。母名より連想

Read more

京都記念の歩み・過去113回のレース情報とコース紹介

1944年~1947年の春まで太平洋戦争の影響で中止されていました。 1947年の秋から再開されました。 春と秋と年に2回開催されていましたが、1984年の秋のレースが、廃止となり、以降年1回の開催となりました。 19995年から京都競馬場の芝2200mで行なわれています。 京都記念のコース紹介 京都競馬場の外回りコースを使用し、1周強走ります。 内回りコースの直線入口付近がスタート地点で、1コーナーまでの距離は約400m。 向正面途中から3コーナーにかけて4.3mの上り坂が設置されており、3コーナー入口のの坂の頂上から4コーナーにかけて一気の下り坂、それを過ぎれば平坦で、最後の直線は404mです。 (コースA)先行タイプが優勢、3・4コーナーのカーブもタイトなため小回りを苦にせず器用ナタイプが有利。 コース 高低差 1周距離 幅員 直線距離 A                4.3m 1894.3m 27~38m 403.7m B

Read more

中山大障害の歩み・過去140回のレース紹介とコースについて

中山大障害は、中山競馬倶楽部の肥田金一郎がイギリスのグランドナショナルにならい障害競走を創設するため、1934年に中山競馬場の障害4100mで【大障害特別】のレース名で開催されました。 賞金も東京優駿と同じく1着1万円、当時最高の賞金額でした。 1935年から春と秋の年2回開催され、レース名もその後何度も改名され、1948年から【中山大障害】のレース名が定着しました。 中山大障害のコース紹介 中山大障害で使用されるコースは、障害コースの3コーナー出口からスタート、コースを順回りに走り1周目の2コーナーから高低差5.3mの谷・大竹柵・大いけ垣が設置された大障害コースに入り逆回り。 3コーナーから再び大障害コースを越えて、残り1周は順回りに戻る。 全部で17個の障害をクリアして4コーナーからダートコースを横切って最後は、芝コースの直線。 1周距離 1456.4m                 高低差 1号坂路 1/8~1/19長さ78m、高さ3.57m 襷 447.5m 2号坂路 下り1/12 上り1/11長さ113m、高さ5.30m 幅員 20~30m 3号坂路 1/12~1/8長さ92m、高さ4.74m

Read more
x
No Deposit Bonus