初心者必見!ゴルフシューズのお手入れ方法をマスターしよう!

ゴルフシューズの目的や用途とは?

ゴルフ場の芝生は、じつは、とてもすべりやすいものです。

繊細なコントロールを加えたゴルフボールを転がしやすくするために、全面に配置されているのがゴルフ場の芝生になります。

この芝生の上では、ゴルフ専用に特化してデザインされたゴルフシューズでプレーする必要があります。

ゴルフシューズは、あなたに快適なゴルフを楽しませるだけなく、ケガからも守ってくれる必需アイテムなのです。

・ゴルフシューズは主に二種類ある

ゴルフシューズはスパイク有りと、スパイクレスの二つに大別することができます。

初心者には、スパイクレスのゴルフシューズがおすすめです。

スパイクがあった方が固定は増しますが、管理の面や、そのまま車に乗ることは出来ないという面で、煩雑な部分が出て来るためになります。

最近では、トッププロたちもスパイクレスを使っていますので、性能は年々、改良が加えられているので、スパイクレスから始めても十分なのです。

・ゴルフシューズ選びは試し履きをしよう

ドイツなどでは靴屋のマイスター制度が特別に進化したものがあります。

若い職人たちは、複数の師匠のもとを巡り渡り、ようやく一人前と認められる徒弟制度が今なお継承されているのです。

それほどの研究が成されるように、人の足は個人差があるものになります。

ゴルフシューズも、あなたの足に合ったものを選びましょう。

これはプレーの面でも、安全面でも、あなたに最適の結果をもたらすことになります。

ゴルフシューズのお手入れ方法

どんな道具も適切なお手入れをすることで、長く使うことが可能になってきます。

ゴルフシューズにも、適切なお手入れ方法があるため、それを実践しましょう。

・ゴルフシューズを買ったら最初にすべきこと

あなたの足に合うゴルフシューズを入手して、それを家に持ち帰ったら、最初にすべきことが待っています。

ゴルフシューズの靴紐を全て抜き取り、防水スプレーをかけます。

スプレーした後は15分ほど時間を置いて、乾かしましょう。

基本的にゴルフシューズは水に弱いものです。

プレーしていて水に濡れてしまった場合は、水からゴルフシューズを守りましょう。

布を当てて、水を吸わせるように、やさしく扱うのが基本になります。

ドライヤーなどで乾かしては、ゴルフシューズにダメージを与えかねないため、風通しの良い場所で乾かすことが適しています。

・ラウンド直後はエアガンで泥を吹き飛ばす

クラブハウスに入るより前に、エアガンでシューズについた泥を除去し、絞った雑巾で靴底をしっかりと綺麗に拭き取ります。

家に帰った後も、そのまま放置するのではなく、すぐに拭いてあげて下さい。当日の汚れだけなら、特別なクリーナーを使わなくても、十分に綺麗になってくれます。

材質別のゴルフシューズの洗い方

一般的な管理は上記のもので十分ですが、ゴルフシューズの材質によっても対応が異なります。

どの素材の場合でも、洗った後、乾燥する際は風通しの良い日陰で行いましょう。

・合成繊維の洗い方

かなり手入れは楽になります。

水につけて湿らせた後、シューシャンプーで汚れを落とせます。

・人工皮革の洗い方

やわらかい布での水拭きがメインの手入れ方法です。

しつこい汚れがある場合は、クリーナーを使い、それでも落ちない汚れが在る場合には水につけて湿らせた後、シューシャンプーをかけて汚れを落とします。

日陰で乾かした後に、シュー・クリームを使い、ツヤを出して終了です。

・天然皮革の洗い方

クリーナーをやわらかい布にふくませて、やさしくこすりながら汚れを落とします。

ツヤ出しには、ゴルフシューズの色に合わせたクリームを使用することが大切であり、最後は必ず余分なクリームを拭き取った後で、しっかりと磨きます。

天然皮革の場合は、泥や水に弱いため、汚れた場合はすぐにお手入れをすることが肝心となります。

・素材によって管理の仕方が違うため購入時に確かめよう

お店で購入する際に、スタッフに手入れ方法を聞いておきましょう。

素材により注意点が異なるため、しっかりと確かめて、長く大切にゴルフシューズを使うべきです。

ゴルフシューズの基本的な管理

ゴルフシューズはゴルフのために特化した素材とデザインをしています。

機能の追及のためには、汎用性を捨てるほかないため、ゴルフの使用以外には向かないものとなっているのです。

基本的な管理を守り、ゴルフシューズの機能を維持すべきなのです。

・ゴルフシューズのかかとは踏まない

足に合わせるようにデザインされているため、かかとを踏んでしまえば、耐久性だけでなく、あなたをケガから守るための機能が失われてしまいます。

ゴルフ場の池や斜面は、とてもすべりやすいため、負傷する危険の高い場所になっています。

機能性の損なわれたゴルフシューズで近づけば、転倒し、冬の場合は冷たい池に落ちて心臓麻痺を起こす危険もあるのです。

転倒したときの手首の骨折などは、日常的に起きるケガでもあり、ゴルフシューズの性能を損なうことは、あなたの危険に直結します。

・ゴルフシューズは風通しの良い日陰で保管

ゴルフシューズは湿度と高温に弱いものです。

車のトランクなどに夏場、長期間放置していれば変形する危険性さえあります。

涼しく、風通しの良い場所で管理しましょう。

まとめ

ゴルフシューズはあなたを守り、プレーを楽しませてくれてるアイテムです。

ケガ予防のためにも、しっかりとした管理と使用法を用いて、その機能性を確実に引き出しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *