祭りやフェスティバルについて知るサイト

こちらのサイトでは、祭りやフェスティバルについての幅広い情報を発信しています。日本では、全国各地でさまざまな祭りが催されています。地域に根付いたローカルなものから、全国から観光客が訪れる大祭など、その規模や種類は多様です。

現代の日本では昔からごく狭い範囲の地域に根差していた祭りの多くが、存続の危機を迎えています。例えば秋田県では、過去20年間で民俗芸能の保存に関係する団体のうち68団体が活動中止となりました。祭りや伝統行事は無形重要文化財に指定されているものも数多くあり、今の日本ではそうした文化財が年々失われる事態になっています。

高齢化

その一番の原因は、人口減少、高齢化にあります。地域に住む人の絶対数が減り、また高齢化により祭りを中心に率いる人が減っています。また、若い世代が地方から離れて、都会に集中する状況がより深刻になり、お年寄りだけでは準備を整えたり肉体作業ができなかったりという壁にぶつかっています。

地域によっては、祭りで実際に活動する人の3割が、その地域外から来てもらった人であるという状況も見られます。外部から人を集めないと、祭りが成り立たなくつつある地域が増えているようです。

文化庁や自治体を筆頭に、そうした伝統行事への補助金を交付する動きも出ていますが、適用対象が限られるため、必要な行事をまんべんなくカバーするのは難しいという状況です。

今後の日本の祭り文化を振興、改善していくためにも、祭りとはどんなものか、日本人にとってどんな意義があるのかを今一度理解し見つめ直す時が来ています。

最近の投稿

Golf Driving Range

自分に合ったゴルフ練習場の選び方!ポイントを抑えて快適な練習を行おう!

どんな練習場を選ぶべきなのか? 日本国内には、およそ3000ものゴルフ練習場があります。 ゴルフを練習しようとした時に、選択肢が多いことはありがたいのですが、どういう視点から練習場を選ぶべきなのかという方針がなければ、迷ってしまうかもしれません。 自分に合った練習場を選ぶためには、どんなことに注目すればいいのでしょうか? ・打席の向きを把握しやすい練習場がおすすめ ゴルフにおいて大切なことの1つは、狙った方向へボールを打つことです。 そのためには、当然ながら、狙いをつけている場所に自分が向いている必要があります。 練習場はたくさんの人が同時に練習する場所で、それぞれの打席が向いている方角は異なっています。 練習場に設置している目標物によって、自分の打席がどんな方角を向いているかを把握しやすい練習場であるほど、狙いをつけやすくなるのです。 目標物の並びが、1つの線上にしかないものではなく、複数ある練習場のほうが、打席の向きを把握しやすくなるため、そういった練習場が推奨されます。 ・使っているマットが薄すぎない方が良い 打席にあるマットは、あまり硬くないもののほうが体の負担になりません。 薄くて硬いマットほど、手首や肘をケガする確率が確実に増えます。 ある程度は厚みがあり、やわらかなマットを使っている練習場を選ぶようにしましょう。 そして、長年の酷使で消耗し、どこかがヘコんでいたりするマットよりは、きれいな状態のマットを使っている練習場のほうが好ましくもあります。 ...
さらに読む
Golf Rule

初心者でも分かる基本ルール!これからゴルフを始めよう!

ゴルフの服装 ゴルフは、紳士のスポーツであるため、マナーが厳しいスポーツでもあります。そのため、プレイする服装もある程度決まっております。服装は、ゴルフ場によって異なるそうですが、どこでもプレイできるような服装をあげておきます。 男性 トップス:襟のあるシャツ、ポロシャツなど パンツ:ゴルフパンツ、チノパンなどの長ズボン 靴:ゴルフシューズ 女性 トップス:襟のあるシャツ、ポロシャツ パンツ:ゴルフパンツ、スカートなど 靴:ゴルフシューズ ※過度な露出は控えましょう。 基本的には、男性も女性も襟付きのトップス+パンツになります。最近では、服装にも気を使う人が増えており、おしゃれなウェアも増えております。 何を着ればいいのか分からない人は、ネットでゴルフウェアと検索すると沢山出てくるので、その中から購入するのもよいでしょう。 ゴルフのルールについて ゴルフはゴルフクラブと呼ばれる道具を使い、ボールを打ってプレイをします。その中で、いかに少ない打数でカップにボールを入れられるかを競います。 ...
さらに読む